転職情報誌の見方

『就職・再就職情報誌を見るポイント』

あなたが就職や転職をしようとしたときに,インターネットなども利用できますが 就職・転職情報誌を買ったとしましょう。

さて,これらの就職・転職情報誌を見るうえでのポイントというものは あるのでしょうか?

まず,覚えておかないといけないのは,就職情報誌の求人広告というものは, どうしても決められた字数や決められた面積等のなかで,その仕事内容を 伝えなければならないということです。

そのため,ダラダラといちいち詳しく書いていく訳にもいかず,就職情報誌では 省略された言葉などを使う事があります。

そういった場合,情報誌のページ下の欄や目次のページなどに,略語の説明等が 載っていることと思いますが,その例を少し紹介しましょう。

例えば正社員は『正』,契約社員なら『契』などというふうに,読んでそのまま なので大体の意味がわかる場合も多々あります。

職種についてですが,例えば情報誌に『営業』と書いていたとしましょう。

しかし,営業は営業でもルートセールスなどの職種なのか企画営業なのか…。

もしくは『WEB系』と書かれていたとしましょう。しかし,WEBクリエイター なのかWEBデザイナーなのか。

はたまたWEBプログラマーなのか…。 こんなふうに,情報誌では限られた紙面での説明のため,細かい職種等を 大幅に説明している場合が多くみうけられます。

とりあえずピンと来た仕事を情報誌で見つけたら,まずは実際に電話などで 連絡して,職種の詳しい内容などをきちんと質問して,把握してから転職先に応募する事が 大事となってきます。



posted by 面接マン at 20:08 | Comment(9) | TrackBack(3) | 就職・再就職先について

転職成功のための情報誌の見方

『就職・転職情報誌を見るポイント』

あなたが就職や転職をしようとした時,その情報収集の方法はどうしますか?

大勢の人が,インターネットを利用すると答えるでしょう。 しかし今日は,就職・転職の情報誌を見る時のポイントを考えてみましょう。

まず,そういった情報誌についてですが,紙媒体なのでどうしても面積や字数などが 限られている中での情報になってしまいます。 そのため,その限られたスペースの中で全ての情報を伝える事はどうしても難しいのです。

もしもあなたがピンときた仕事があったとしましょう。

その情報誌には,『営業の仕事』と書かれています。

しかしここで注意するべきなのは, 営業は営業でも企画営業なのかルートセールスなのかで全く違った職種となってしまう点です。

そのように,わかりにくい表現がしてあった場合には,きちんと電話などで直接確認をして, きちんと把握してから応募することが必要です。

また,情報誌をうのみにしてはいけないということです。 情報誌には良いことばかりが書いてあるはずです。

しかし,書いていない事のことを 考えるのも大事です。

例えば,給与面や福利厚生についてとても良い事が書いてあったとしましょう。

しかし休日についてあまり書かれていない場合は,それを書いた場合は不利になるから 書かなかった,ということも十分考えられるのです。

このような場合も,少しでも疑問を持ったらとにかくきちんと確認をすることが大事です。

posted by 面接マン at 20:36 | Comment(1) | TrackBack(1) | 就職・再就職先について

転職成功のための活動の流れ

「転職活動の流れ」

あなたの「転職」は自発的だろうか?それとも誘われてだろうか?

いずれにせよ「転職」は最高のタイミングで行いたいものである。

そのためには「転職活動の流れ」に沿ったスケジュールが必要となる。

「転職活動の流れ」の第一歩は自分のスキルを知り、スキル同等か

もしくはUP出来る環境があるのか、のリサーチから始まり、企業規模の

判断、業界の動きや転職によってもたらされる様々な変化を予測し、「転職」にGo!という事になれば、そのための準備が始まる。

転職先の担当者と連絡を取り合い、打ち合わせは密にしたい。

労働契約書をはじめ必要書類には、目を通そう。

次の「転職活動の流れ」は今勤めている会社(起業)においての退職のための手続きである。

(もっともこの辺の順序はケースバイケース、人によっては違ってくるかも知れない)

上司に退職の旨を告げ、引継ぎも始まる。挨拶にもまわらなければならない。

失業給付や失業保険などの手続きもある。転職活動の流れがスムーズに行けばよいが、上司の引きとめなど予想外の動きも覚悟しておいた方がいい。

転職活動の流れの中で、時には立ち止まりこれらの要素をチェックしよう。

晴れて退職ということになれば、返却するものは返却し、

新天地に向かいましょう。

「転職活動の流れ」はスムーズな方がいい。
posted by 面接マン at 13:58 | Comment(1) | TrackBack(2) | 転職を成功させるために

転職成功のための活動

転職活動の流れ』

転職を考えた事はありませんか? 今よりもっとステップアップしたい!と思って,いざ転職活動をしようとしたけれど…。

転職をどのように進めていったらいいんだろう…。 今日は,そんな転職活動の流れというものをおおまかにですが見てみたいと思います。

転職活動のその1。転職するスケジュールを考えてみましょう。 例えば,退職できそうな時期を仕事の状況から考えてみましょう。 プロジェクト単位で動いている職種ならば,切りのいい時期を考えて,おおまかの スケジュールを組みましょう。 あまりに無理なスケジュールは,現実的でないしストレスを呼びます。 少し余裕を持ったくらいでたててみましょう。

転職活動その2。転職する際の情報を集めてみましょう。 求人サイトなどを見て,あなたの転職目的にぴったりな会社を探しましょう。 その際に,自己分析などを受けてみることをおすすめします。

転職活動その3。転職するのに必要な書類をそろえましょう。 転職活動に必要な書類とは,例えば面接を受けにいく際に必要となる履歴書や 職務経歴書などです。

転職活動その4。転職目的に近い会社に,応募しましょう。 求人サイトなどからの応募ならば,24時間いつでもどこでも行うことが できます。

転職活動その5。面接を受けましょう。 面接は慣れです。リラックスして,あなた自身をアピールしましょう。

転職活動その6。退社して入社となります。 めでたく面接に通ったら,退社手続きをして,新しい会社に入社しましょう。 円満な退社のためには,きちんと挨拶をすることが大事です。
posted by 面接マン at 13:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 転職の秘訣

転職成功のための情報収集

転職成功のため情報収集』

転職再就職をしようとした時の情報収集の仕方によって,見つけだす仕事の質や量に かなりの差が出てきます。

今日はそんな転職再就職の情報収集について考えてみましょう。 もしも学生さんが就職の情報収集をしようとしているならば比較的簡単に行うことができます。

学校の資料室にある求人票や会社案内,企業研究,参考図書などを利用してどんどん情報を 集めることができるでしょう。

また,就職課の相談員さんに相談をして,自己分析についてなどの就職に必要な事柄について 聞くことができるはずです。

学生さんではない人の転職や再就職の情報収集方法はというと,やはりインターネットを活用 するのが一番良いでしょう。

インターネットで検索をすれば,沢山の就職のお仕事情報などが 出てくることでしょう。 インターネットは24時間365日,いつでもどこでも活用することのできる便利なツールと 考えてください。

また,公的機関のハローワーク つまり,職業安定所などに直接行き,パソコン端末で 情報収集をすることも出来るでしょう。

またそういった場所には窓口がありますので 職員の方に直接相談してみるのも一つの方法です。 また,直接行かなくても先に挙げたインターネットを使えば,ハローワークのホームページ から,仕事情報などは検索ができるようになっています。
posted by 面接マン at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職・再就職先について

転職・退職のスケジュール



「転職・退職のスケジュールを決めておく」ことは重要です。

これは「がんばれよ」と笑顔で送りだされる円満な退職と

最高のタイミングでする転職のために必要なこと。

あなたの退職、転職はまわりの人の環境をも変えてしまうのだから。

転職・退職のスケジュールを決めるために大体の日程を決め、

各要素の絡み具合などを考慮し、逆算してみましょう。

転職・退職のスケジュールの第一歩は直属の上司に、退職したい旨告げる訳だが、これが一発で受理される可能性は低いと考えるべき。

実務面では、自分が退職しても変わりなく機能するよう引継ぎを

しなくてはならない。そのために時間はどれだけかかるのか?

またお世話になった人には挨拶に行かなくてはならない。

挨拶まわりはいつから始めればいいのか?

転職・退職のスケジュールの最後には、上司に退職を理解してもらえたら、

社長あてに「退職願」を書かなくてはならない。

同時に新天地となる企業の担当者との打ち合わせも必要だ。

これらの要素を見渡し、どのくらいの時間があればいいのか把握し綿密な転職・退職のスケジュールをたてよう。

目安としては2週間から1ヵ月くらい。

終身雇用制度の崩壊した今、自分を伸ばす退職・転職は大いにすべきだが、それを最高の形にするためにも転職・退職のスケジュールは何にもまして重要だ。
posted by 面接マン at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職の秘訣

退職願いの書き方

退職願の書き方

「退職願」の書き方は難しいものではない。いくつかの決まりごとにのっとって書けばいい。

直属の上司に退職の了承をもらえたら、社長あてに「退職願」

を書かなくてはならない。

退職願書き方を記します。

「退職願」の書き方の心得1:直属の上司に手渡しがよく、

送りつけたり机の上に置く、ということは絶対しないこと。

「退職願」の書き方の心得2:書式は、会社に所定の

「退職願」用紙があればそれを使いなければ、無地の縦書き便箋を用いる。

「退職願」の書き方の心得3:筆記具は黒のボールペン、万年筆、

サインペンを使い、白の無地の封筒入れ、表に「退職願」、裏に

所属部・課名と氏名を書く。


退職願の書き方は

@冒頭・・・「退職願」と書く。(退職届、辞表は使わない方がいい)

A一行目・・・行末に「私儀」と書く。(行末にかくことで、へりくだった

       意味になり「私事」「私は」でもいい)

B退職理由・・・「一身上の都合で」だけで詳細は省く。

C退職日・・・上司と相談した上で決めた日にちを書く。

D日 付・・・会社に提出する日にちを書く。

E署 名・・・正式な部・課名と氏名を書き、捺印をする。

F宛 名・・・社長あてにする。敬称は「殿」にする。

また会社によっては提出期限(退職日の何日前まで)が決まっている所も

あるので注意!
posted by 面接マン at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職を成功させるために

インターネットの転職

インターネットを使って転職活動しよう!

転職活動の仕方はさまざまです。

しかし,今最も主流となっている転職活動方法はというと,インターネットを使ったもの なのです。 アンケートの結果,1位となったのがこのインターネットによる転職活動です。

何故,インターネットでの転職活動はそんなに人気があるのでしょう?

まず,インターネットには沢山の情報があります。検索をすれば転職情報サイトなどは 沢山引っ掛かるので,情報量としては紙の転職情報誌などは比べものになりません。

そして,検索のしやすさがあります。

希望の職種や希望の勤務地などを入力するだけで,簡単に転職情報が取りだせてしまう のです。

また,それらは簡単にプリントアウトをして紙媒体として残すこともできます。

そして,インターネットから応募できる企業などがかなり増えてきた事も インターネットによる転職活動の人気の秘密です。

インターネットからの応募となると,24時間365日どこからでも,ネットに繋がる パソコンさえあれば転職活動が出来てしまうのだ。

さらに,今では携帯電話でのインターネット環境もかなり整ってきたといえるので 携帯電話のインターネットを使っての転職活動もこれからは増えていくことでしょう。

このように,インターネットを使っての転職活動はとても便利です。

ただ,メールを送信したはずがうまく送信できていなかった…なんて事にならないためにも,ある程度のパソコンの知識は必要となるでしょう。
posted by 面接マン at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職の秘訣

インターネットを使った転職

『インターネットを使って転職活動!』

インターネットを使って転職活動を行う。

一昔前ならば,びっくりするような事でしたが,現在での転職活動の 主流は,アンケートによって1位が転職情報サイトによってということがわかっています。

そう,今となっては67.4%もの人がインターネットの転職情報サイトにて転職活動を 行っている時代…。 インターネットでの転職活動って何がそんなに良いのでしょう??

まず。転職情報サイトの多さ。転職情報サイトが多いという事は,それだけ 求人情報も多くある,ということになります。

そして,求人を探す際の検索のしやすさがポイントです。

自分の希望の条件(勤務地,職種など)を入力すれば,希望に近いお仕事情報が 出てくるのです。

また,インターネットで転職活動をする場合,24時間365日,いつでもどこでも 求人情報が手にはいるわけです。

これは,現在働きながら転職活動をしている人にはとても便利なシステムだと思います。

今までは求人情報誌等を購入するのにお金がかかっていましたが,インターネットでの 転職活動なら,無料で出来てしまうわけです。

また,インターネットから応募を受け付けている企業も少なくありません。

今までのように,電話をして履歴書や職務経歴書を郵送する…などといった 手間のかかる事をしなくても,インターネットからの応募を受け付けている企業なら, 気軽に応募ができてしまうわけです。

しかも,これもまた24時間いつでも応募できます。 このように,インターネットを使った転職活動はこれからますます主流になっていく ことでしょう。
posted by 面接マン at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 転職を成功させるために

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。